W650-バッテリー交換

息も絶え絶えな、回りそうで回らないセルの音。

消えるヘッドライト。

消える液晶の時計。

この日が来てしまった。。。

 

丸8年目の12月の朝、W650のバッテリーの寿命が来てしまったようです。

8年もよくがんばった。

 

 

 

ということで、W650のバッテリーを交換しました。

【バッテリー】6,609 円(amazonより購入)

電解液は入った状態で届きます。

 

バッテリーは充電済での出荷ということですが、念のためと今後のために、

【充電器】2,480円(amazonより購入)

※二輪、軽自動車用ということです。

 

シートを外し、ジャンクションボックスやプラスティックの部品(スクリーンって言うみたいです)を

外します。

DSC_0093

 

バッテリーケーブルを外します。

DSC_0097

※外すときは引く(マイナス)からです。

 

左のサイドカバーも外します。

DSC_0099

バッテリーホルダーのボルトも外します。

見えているバッテリーホルダーという部品をめくるとバッテリーの横が見えてきます。

 

DSC_0102

外すのはいいものの、元に戻すときにあれっ!この線てどうなってたっけ?と、いつもいつも思います。

バッテリー交換のときは、ホース類の通っているところを写真に撮るなどをして

残しておいたほうがいいと思います(思いました)。

 

DSC_0103

8年間がんばったバッテリーの電圧を測ってみると、11.87V。

標準値が12.8V以上ということですから、減ってますね。

 

外したバッテリーには不思議な固いスポンジの板が付いています。

DSC_0106

どうも、初期型のWと私のWではバッテリーが違い、

初期の設計のバッテリーの高さに合わせるためにこのスポンジがあるようです。

これは外して流用します。

 

ちなみに新品のバッテリーは、

DSC_0105

13.08V。

 

こいつをバッテリーホルダーをめくって押し込み、上からケーブルを取り付けます。

※付けるときは足す(プラス)からです。

 

DSC_0100

(矢印のホースがどこ通ってたか記録しておいたほうがいいです)

ホースを挟まないように気を付けながら、バッテリーホルダーを取り付け、

なんやらかんやらの部品を取り付けて、シートをガッチャンコと取り付け、

時計を合わせれば完了です。

 

時計の調整は

メーター裏のリセットボタンを押して、表示を点滅させて(調整モード)、

リセットボタンで時間と分を切り替えながら表のボタンで合わせます。

時刻を合わせたら、リセットボタンを押して時間と分が同時点滅の状態にしてから

表のボタンを押せば終了です。

 

【追記:2015.02.15】

鈴木さんのGSR250はバッテリー交換が楽みたいですね。

W650も難しいとは思いませんが、↑これほど簡単ではありません。

さようなら883R

お預かりしていたハーレーダビッドソン883Rを、ついにお返しするときがやってきました。

 

遠出はできませんでしたが、ちょこちょこ走らせてもらいました。

感謝の意を込め、洗車をしました。

DSC_0083

 

9月13日に預かってからの感想(前回の投稿の補足)

【購入を検討している方へ】

  • 振動強烈・・・これはやっぱり強烈。これが味。
  • N(ニュートラル)に入れにくい。
    足の甲を使い、ストロークを短くして1速から上げると入れやすい。
  • ウィンカーのスイッチがハンドルの左右にそれぞれあるのがわかりにくい。慣れれば問題なし
    自動で戻るのも慣れる。しかし、慣れると、Wに乗ったときに逆に戻すのを忘れる、、、
  • 低速(1速、2速)でのクラッチワークを慎重にしないと、ギクシャクする。
    すり抜け時にガックンガックンする。これも慣れ
  • 足が短いと、サイドスタンドが出しにくい。
    ステップを畳んでからスタンドを出せば、私の足でもなんとかなる。
    そもそも降りてからスタンドを出せば、問題はない。

 

預かった直後は初のアメリカンバイクということで、

私の頭の中にあるアメリカンな乗り方(脚パッカ殿様)をしていましたが、

883Rは脚パッカ殿様より、前傾姿勢で脚も進行方向に並行のほうが

乗りやすく制御しやすいです。

 

この姿勢での乗り方は気に入りました。

どこまでも走って行きたいという気分になります。

でも、やっぱりこの振動は私には合わないなぁ~

 

いつの日か、振動が穏やかな国産アメリカン(???変な日本語やな)にも乗ってみたいもんです。

883R-高山ダム

 

883R

883Rありがとう。さようなら。

 

W650-ユーザー車検3

4回目の車検で、

3度目のユーザー車検に行ってきました。

3度目のユーザー車検前のW

用紙代:50円

検査印紙代:1,700円(1,300円+400円)

重量税:3,800円

自賠責保険(24か月分):13,640円・・・二輪は前回から値下がりしています。

合計:19,190円

でした。

 

車検場2回めのチャレンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本は前回と同じです。 (W650-ユーザー車検2

 

プロに光軸を任せたにもかかわらず、今回は光軸で落ちました。。。

1回目ちょっと右過ぎと言われ、壁に向かってちょっと自分で調整したら

左過ぎ!ということで落ちました。

 

2回目に落ちた時点で光軸調整を依頼したお店が開店する時間近くなっていたので、

お店に駆け込み、再チェックしてもらうと、お店の機械ではOKとのこと。

 

検査場の光軸テストの場所にはタイヤ止めなどはなく、線が引かれているだけなため、

曲がって入ってしまうとプロでも落ちることがあるらしく、

光軸はこのままいじらず(自分で調整したまま)とにかく試験機の前に入ることだけを

考えて試験を受けると、、、

合格。

 

微妙ですな~

 

2年後の私と、ユーザー車検というキーワードで検索してきた方へ

  • 光軸テストはとにかくまっすぐ入る

これを意識すること!

です。

 

26年11月~28年11月

訳あって2台

W650と883R

訳あって、とある方からハーレーの883Rをお借りすることになりました。

今年いっぱい2台体制になる予定です。

 

 

とある京都の町に行き、点検に出されていた883Rを引き取り、

人生初のハーレーで約30kmの道のりを帰ってきました。

 

感想は、、、

【ネガティブな感想で申し訳ない・・・これが味なんです】

  • 振動強烈。アイドリング中はふざけてるのか?というくらい揺れる。
    低速走行中はエンジンが外れかけてるんか?と思うくらい。
    降りてからもしばらく手がしびれていました。
  • N(ニュートラル)に入れにくい。2速になったり1速になったり、、、
    想像していたよりクラッチは重くなかった(決して軽くはない)のですが、
    ニュートラルに入らんので信号待ちでずっとクラッチを握ってました。
  • ウィンカーのスイッチがハンドルの左右にそれぞれあるのがわかりにくい(操作自体は慣れ)。
    四輪のように直線に戻ると自動でウィンカーが切れるのですが、
    このタイミングがよくわからない。かつ戻らないときがある。
    あれ?点滅が止まらん!と思い、再度スイッチを押そうとしてクラクションを2回ほど
    鳴らしてしまいました。(前の車の方、ごめんなさい)
  • 低速(1速、2速)でのクラッチワークを慎重にしないと、ギクシャクする。
  • 足が短いと、サイドスタンドが出しにくい (T_T;)

 

これがハーレーかぁ~、ひたすら感心しながら、乗っていました。

この鉄馬を乗りこなすことに喜びを感じる。快適楽チンを敢えて求めない!

それがハーレーの世界なのだと改めて感じました。

 

この「とある方」はコレで通勤をされていたのですが(来年からはまた通勤に使われることでしょう)、

驚きと畏敬の念を抱かざるをえません。

特に帰りは、仕事で疲れた身体にもう一度鞭打つ感覚。

感心するしかありません。

 

 

ネガティブなことばかり書いて申し訳ありません。

これがハーレーな世界なんですね。

 

しばらくの間ですが、私もこのハーレーな世界を楽しませていただきます。

カバー×2

W650-オイル漏れ対策

昨年10月のリアタイヤ交換時に指摘されたオイル漏れ。

なんとかせんといかんなぁと思いつつ放ったらかしでしたが、

KZシンさんのKZ1000が落ち着いたということなので、

作業場を借りて作業することにしました。

 

症状としては、

  • エンジン下にのしずくが一滴ほど垂れているのが見ることができる。
  • オイル点検の窓から見て、減っているとわかるほどではない。
  • ガレージ地面にも垂れた跡があるので、ちょっとは地面に垂れてる。

という状態です。

 

どこから漏れているか特定できないので、

まずはオイルパンのガスケットを変えてみることにしました。

 

作業日3日をかけて、ガスケット交換を行いました。

本来は3日もかかるはずはなく、【実際の】作業時間はわずかで、

後は飲んだりバーベキューの時間に費やされました。

真面目にやればすぐに終わる作業です。

 

その後、オイル漏れはありません(2014.05.06時点)。

・・・オイルパンを止めるボルトのどれかが緩んでいたのだと思います。

 

なぞのオイル漏れが起きている方は、オイルパンのボルトの増し締めを試してみてはいかがでしょうか。

 

注意点としては、ボルトの一箇所へのアクセスがスタンドの取付部に干渉し、非常に難しいです。

超ショートな8mmのソケットと細いエキステンションバーを準備されるとイイと思います。

 

ソケットを先にボルトに当てて、スタンドの取付部の下からエキステンションバーを差し込む、

という感じです。

 

 

分解して、オイルがすっからかんになったので、

オイルはホームセンターで買ったホンダオイルG2を入れました。

3リットルきっちり入りました。

 

オイル交換時のメーター:14,981km

前回から、あんまり走ってません)

 

新車時からレッドバロンのオイルリザーブ・VSグレードしか入れたことがないので、

どう変わるか楽しみでもあります。

(そんなに変わらんでしょうけど・・・)

W650-リアタイヤ交換

リアタイヤの交換をしました。

 

前回の交換から1,000kmしか走っていませんが、オイル交換もついでにしました。

メーター:14,249km

 

今回も某赤いところでゼニで解決させました。

タイヤ代(TT100)が若干下がって、16,180円(税込み)でした。工賃は同じです。

前回の交換(2011年6月4日)>>

 

【交換前】

交換前

減っているのは真ん中だけですネ。

 

真ん中だけじゃないか!まだまだイケる!という気がしていたのですが、

交差点での旋回時にニュルって滑るように感じ始めたため、交換です。

 

【交換後】

交換後

新品と交換前を比較するとやはり減ってますねぇ。

 

減るのが早いような気がするのですが、減ってしまったものは仕方ありません。

いろんなところに行って、楽しませてもらいました。

 

またまた楽しませてもらいましょう。

 

 

【気になるところ】

どこからオイルが漏れている形跡があるとの指摘を受けました。

確かにガレージの停めているところにかすかにオイルの垂れたような跡が、、、

カワサキだから?

ちょっと気になるところであります。

金胎寺

ようやく暖かくなってきた3月16日、近所といえば近所の和束町、鵞峰山・金胎寺まで

ぷらっと走って来ました。

金胎寺-山門

 

金胎寺には約6年前、W650の納車の日に来ました。

2006年12月3日

↑2006年12月3日の写真です。納車ホヤホヤのW650

 

↓そして、今日

2013031602

6年前とほぼ同じ場所に停めて、逆方向から撮りました。

同じ場所で同じ方向から写真を撮ろうと思ったのですが、今日は関係のない車が停まったので

やめておきました。

 

2013031603

単車を停めた場所から少し歩くのですが、

「え?こんなにしんどかったっけ?」

明らかに老化していました。。。

 

金胎寺-本堂

はぁはぁ言いながら、本堂へ。

本堂までの道も、本堂も・・・相当傷んでいます。

金胎寺-本堂(江戸時代)

 

金胎寺-多宝塔

 

金胎寺-多宝塔(鎌倉時代)

金胎寺には、行場もあるようなのですが、PM2時までしか入られません。

次回は覗きに行ってみようと思います。

入場料300円ということです。

 

 

6年前の写真のグラストラッカーBIGBOYのオーナーのところに、今日、新バイクが届くそうです。

その方は昨年の春、事故をされました。その後、約1年のブランクを経て、ハーレー883Rで復活です。

 

私は納車の日に金胎寺で交通安全祈願をして、無事6年間、無事故、立ちごけ無しで過ごすことが

できました。

 

交通安全を祈っております。

SEEK R3を通勤快速仕様にしてみた。

自転車のお話です。

約2年たった、私のGIANTのSEEK R3の前輪がエライことになりました。

SEEK R3前輪割れ!

夏ごろからタイヤがゆがみかけていたのですが、ついに割れました。

古いタイヤは空気圧を低めにしたようがいいですね。

(別に激しい走りをしたわけではありません)

 

自転車屋いわく、1年ごとに交換の必要がありますとのこと。

毎年、変えてられっか!ということで、

通勤・通学仕様の丈夫なタイヤに交換しました。

Panaracer

 

自転車タイヤ比較

上が純正。下がPanaracer『700×35C』です。

 

panaracer装着

乗り心地は若干、変わったような感じもありますが、

私にとっては問題ありません。

 

純正サイズが700×32CのGIANT SEEK R3には、

700×35Cが問題なく付けられるというお話でした。

W650-ユーザー車検2

2回目のユーザー車検に行ってきました。

用紙代:50円

検査印紙代:1,700円(1,300円+400円)

重量税:3,800円

自賠責保険(24か月分):14,110円

合計:19,660円

でした。

 

2年前、雨の中、検査を待ち続けなければならなかった、

という経験から、今回は朝、受付が始まる前に行って

朝イチで終わらせてきました。

 

あっという間に終了でした。

2年後も行きます。

 

2年後の自分と、(京都南検査場で)ユーザー車検をされる方のために 。

  • ネットで予約
  • 光軸はプロに任せた(光軸くらい何度かトライしたらエエけど、もし雨の場合、つらい。。。)
  • 入り口を入って、突き当りの建物で上記費用を支払う
    (手前の建物前に単車を停めて突き当たりの建物まで徒歩で行くと何度も単車を動かさなくてよい)
  • 手前の建物で受付
  • 印鑑は本人なら不要
  • 係員の方が聞こえにくいのでヘルメットはとって、ヘルメットホルダーにかけて受けたほうがいい
  • 書類一式を入れるクリアホルダーを持っていく(そのホルダーに余計なものを入れておかない)