アーカイブ: オートバイ

W650-純正キャリア(再)取り付け

昨年、一旦取り外したキャリアとバッグサポート(左)を再び取り付けました。

 

以前の取り付けの記事

今回はウィンカー移設はやっていません。

リアタイヤの下に雑誌などを突っ込んで、リアサスを一旦抜きます。

シート下のリアフェンダーのネジを外し、グラブバーを外します。


【参考:以前の写真】

 

左側:キャリア-リアサス-バッグサポートの順で取り付けます(合っているはずです)。

 

右側:キャリア-リアサス。

 

ウィンカーを移設しなくても、サイドバッグ(ランドセル)とウィンカーは干渉しません。

 

↑キジマ(Kijima) バッグサポート 左側 W400/650/800 210-475

私のものとまったく同じものはもうないようです。

 

 

次また取り付けたり、ネット上のどなたかのために書き残します。

W650-オイル交換-2017年・春

いつものところで、リザーブを追加して、

オイル交換をしました。

 

メーター:20,832km

 

リザーブが切れたのを機会に、

前回は自分でやりましたが、

結局、お任せすることにしました。

 

 

う~ん、オイル漏れ。

 

W650-ユーザー車検4

5回目の車検で、

4度目のユーザー車検に京都南自動車検査場へ行ってきました。

2016車検

用紙代:20円

検査印紙代:1,700円

重量税:3,800円

自賠責保険(24か月分):13,640円

合計:19,160円

でした。

2016車検領収書

 

注意点は、前回前々回と同じです。

 

今回もヘルメットをかぶったまま受けたので、

検査官の方の声が聞こえにくいのは同じでした。

次こそ外して受けようと思います。

 

心配していた光軸は、まっすぐ機械に向かうことを意識したので

一発合格しました。

 

 

前回と前々回の排ガス検査はやってもらった記憶があるのですが、

今回は自分でマフラーに検査プローブを差し込みました。

微妙に毎回検査自体の段取りが変わっているように思います。

2年の間で変わっているくのは当然といえば当然ですが、

ちっとも慣れません。

 

毎回ドキドキですが、終わると楽しいもんです。

 

今回、私が検査場に到着したときには、

すでに終わったと思われる二人組の単車の方々がいたのですが、

友人と一緒に受けに来ることが出来たら、なお楽しいでしょうね。

 

 

2年後も、Wと私が元気であることを祈りつつ、

今日は終了。

オイル漏れ-(下ろさずにシール交換)あかん!

DSC_0233

先日、オイル漏れ対策として、エンジンを下ろさずにキックシャフトのシールを交換してもらったのですが、

やっぱり漏れてきました。

 

しばらくは漏れていなかったので、安心していたのですが残念。

 

 

  1. オイル漏れ防止剤を試す
  2. キックの根元を液体ガスケットで固める

この辺の対策してみようと思います。

W650-メインテナンス

  • オイル漏れ対策
  • フロントフォーク・オーバーホール
  • オイル交換

をやりました。

 

メーター:17,662km

 

全部で15,210円。

(フロントフォークの交換部品やフォークオイル代は含まれていません)

いつもの赤いところです。

 

オイル漏れ対策

以前に行ったオイル漏れ対策は的外れで、

キックペダルのシャフトの根元からオイルが漏れていました。

最初はエンジンを一旦下ろすということでしたが、

「高い!!なんとかならんのですか?!」とお願いし、

下ろさずにキックシャフトのオイルシールの交換をしてもらいました。

費用的には大助かりです。

 

Kawasakiの推奨の方法ではないので、

もしかしたらまた漏れるかも???と言われましたが、

次に漏れたらキックペダルの使用をあきらめて、

オイルシールごと耐熱接着剤で固めてしまおうと思います。

 

 

フロントフォーク・オーバーホール

自分でオーバーホールしようと、

交換しておいたほうがいいであろう部品とフォークオイルは買ってはいたのですが、

時間がなくずっとそのままになっていました。

 

今回、オイル漏れ対策と同時にやってもらうことにしました。

 

バイク用のジャッキもこの機会に買おうかなと思っていたのですが、

やってもらったほうが安上がりですね、、、

 

シールなど特に悪くなってはいなかったそうですが、

丸9年ですから交換しておくべきでしょう。

 

オーバーホール後、まだ山道のグネグネは走ってはいませんが、

普通の道でも明らかに視線の上下が減りました。

フロントがふにゃふにゃして加減速時に頭が上下に振られていたんでしょう。

 

オイルは徐々に劣化していくので気づかないものですね。

これは感動です。

 

次はもっと早いサイクルで交換しようと思います。

 

 

早く走りに行きたい。。。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット KAMUI

SHOEI Z-4というヘルメットを使っていました。

SHOEI Zシリーズは今、Z-7ですから、

買ってから随分使っていることになります。

 

すごく気に入っていたと言えるでしょう。

・・・買い替える¥がなかったといえば、いえんこともない。

 

シールドは2回くらい交換しました。

内装のパッドも交換しました。

 

耐用年数はとっくに過ぎていますし、そろそろ替えようと思いながら、

使い続けてきましたが、ついに買いました【6月半ばのお話です】。

 

 

新しいヘルメットは


オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット KAMUI アルミニウムシルバーです。

 

KAMUIとZ4のサイズ比較

DSC_0158

DSC_0159

IMG_20150610_203821

並べると大きさの差がわかります。

 

Zシリーズが軽量コンパクトをコンセプトにしているのに対して、

今回のKAMUIはインナーシェード付きで目指すものが違うので

大きさは違って当たり前ですね。

 

ちなみに、会社のロッカーにZ-4はすっぽり入っていたのに、KAMUIは入らなくなりました。

 

 

風切り音

Z-4と比較してKAMUIの風切り音は大きいです。
特に車線変更などで横を向いたときに、風の抵抗と風切り音を強く感じます。
横を向いいたときの風の抵抗には最初ドキッとしました。

一般道を走ることが多い私には問題ない程度と思っていますが、
高速道路をよく利用される方にとってはこれは重要かもしれません。

 

 

価格

現行Zシリーズの定価が45,000円、

KAMUIの定価が25,500円。

これもなかなかの差ですねぇ。

 

 

もし選択に迷われている方がおられるなら、、、

  • 風の抵抗(高速道路に乗ることが多い方はZ-7を勧めます)
  • 狭いところに入れることがあるなら幅

この辺を判断材料にされるといいと思います。

 

 

 

 

314B6lsI6fL._SL250_

KAMUIには、赤い枠の辺りに線上の模様があるのですが、

アルミニウムシルバーでは黒、

ブラックでは金色になっています。

黒に金色のラインはなかなか格好いいと思いました。

 

CIMG3690