さようなら883R

お預かりしていたハーレーダビッドソン883Rを、ついにお返しするときがやってきました。

 

遠出はできませんでしたが、ちょこちょこ走らせてもらいました。

感謝の意を込め、洗車をしました。

DSC_0083

 

9月13日に預かってからの感想(前回の投稿の補足)

【購入を検討している方へ】

  • 振動強烈・・・これはやっぱり強烈。これが味。
  • N(ニュートラル)に入れにくい。
    足の甲を使い、ストロークを短くして1速から上げると入れやすい。
  • ウィンカーのスイッチがハンドルの左右にそれぞれあるのがわかりにくい。慣れれば問題なし
    自動で戻るのも慣れる。しかし、慣れると、Wに乗ったときに逆に戻すのを忘れる、、、
  • 低速(1速、2速)でのクラッチワークを慎重にしないと、ギクシャクする。
    すり抜け時にガックンガックンする。これも慣れ
  • 足が短いと、サイドスタンドが出しにくい。
    ステップを畳んでからスタンドを出せば、私の足でもなんとかなる。
    そもそも降りてからスタンドを出せば、問題はない。

 

預かった直後は初のアメリカンバイクということで、

私の頭の中にあるアメリカンな乗り方(脚パッカ殿様)をしていましたが、

883Rは脚パッカ殿様より、前傾姿勢で脚も進行方向に並行のほうが

乗りやすく制御しやすいです。

 

この姿勢での乗り方は気に入りました。

どこまでも走って行きたいという気分になります。

でも、やっぱりこの振動は私には合わないなぁ~

 

いつの日か、振動が穏やかな国産アメリカン(???変な日本語やな)にも乗ってみたいもんです。

883R-高山ダム

 

883R

883Rありがとう。さようなら。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です