W650-オイル漏れ対策

昨年10月のリアタイヤ交換時に指摘されたオイル漏れ。

なんとかせんといかんなぁと思いつつ放ったらかしでしたが、

KZシンさんのKZ1000が落ち着いたということなので、

作業場を借りて作業することにしました。

 

症状としては、

  • エンジン下にのしずくが一滴ほど垂れているのが見ることができる。
  • オイル点検の窓から見て、減っているとわかるほどではない。
  • ガレージ地面にも垂れた跡があるので、ちょっとは地面に垂れてる。

という状態です。

 

どこから漏れているか特定できないので、

まずはオイルパンのガスケットを変えてみることにしました。

 

作業日3日をかけて、ガスケット交換を行いました。

本来は3日もかかるはずはなく、【実際の】作業時間はわずかで、

後は飲んだりバーベキューの時間に費やされました。

真面目にやればすぐに終わる作業です。

 

その後、オイル漏れはありません(2014.05.06時点)。

・・・オイルパンを止めるボルトのどれかが緩んでいたのだと思います。

 

なぞのオイル漏れが起きている方は、オイルパンのボルトの増し締めを試してみてはいかがでしょうか。

 

注意点としては、ボルトの一箇所へのアクセスがスタンドの取付部に干渉し、非常に難しいです。

超ショートな8mmのソケットと細いエキステンションバーを準備されるとイイと思います。

 

ソケットを先にボルトに当てて、スタンドの取付部の下からエキステンションバーを差し込む、

という感じです。

 

 

分解して、オイルがすっからかんになったので、

オイルはホームセンターで買ったホンダオイルG2を入れました。

3リットルきっちり入りました。

 

オイル交換時のメーター:14,981km

前回から、あんまり走ってません)

 

新車時からレッドバロンのオイルリザーブ・VSグレードしか入れたことがないので、

どう変わるか楽しみでもあります。

(そんなに変わらんでしょうけど・・・)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です