二輪ETCシガーソケット

昨日(16日)、晴れていれば、「がんばろうみなみ大和」スタンプラリー一筆書きの旅に

行っているはずでしたが、あいにくの雨で中止となりました。

そんな昨日は一日中雨でしたが、今日は曇ってはいるものの、雨は降りませんでした。

ということで、ETC自主運用ー12Vバッテリー版のテスト走行に行ってきました。

 

 

以前、私は二輪用ETCを電池運用しようとしていました。

実際に運用してみて、電池につないでウェストポーチにポンって入れておいて

使えるのは気軽でいいのですが、

実は様々な問題があることに気づき、シガーソケットにつなぎ運用することにした。

  1. 1号機
  2. 2号機

詳しくは以前の記事をご覧ください(特に2号機編)。

 

バイクからソケット


ニューイング(NEWING) DCステーション シングル NSMS-002と、

既存のETCとつながっていた防水コネクターとは、

hi-1000.com さんから 4P090型防水端子(メス)を購入し、接続しました。

2012061701

 

プラグからETC

ETC側は、


エーモン1551 プラグ タイプST-2 と、

ソケット側と同様に、hi-1000.com さんから 4P090型防水端子(オス)を購入し、接続しました。

2012061701

 

これらをつないでナビポーチに入れると、↓こうなります。

2012061703

テスト走行してみましたが、問題なく成功しました。

これで問題となるとしたら、プラグが走行中に抜けることですね。

これはナビポーチに入れてLEDで状態を確認できれば、大丈夫でしょう。

LEDが消えていれば、差し込みなおせばOK。

 

次に高速を使うツーリングに行くのはいつになるのかわかりませんが、、、

次はこれで行ってみようと思います。

 

 

【後日、追記】

このシステムで問題なく、運用できています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です